身近な法律トラブル

身近な法律トラブル

私たちは法律で定められたルールをもとに生活しています。 そのため、いつ、誰が法律トラブルに巻き込まれるか分かりません。誰にでも起こりうる身近な法律トラブルの例をいくつかご紹介したいと思います。

インターネット通販

近年、インターネット通販に関するトラブルが増えてきています。支払いが完了しても商品が届かない、サイトに掲載されていた写真とは全く違う商品が届いた、支払いで使用したクレジットカードを不正利用されたなど、インターネット通販を利用する方なら誰もが被害者になる可能性があります。このようなインターネット通販のトラブルが発生した場合、問題を早急に解決するためには弁護士への相談が必要です。

欠陥住宅

これからマイホームを購入する予定の方は、欠陥住宅のトラブルに注意が必要です。引っ越してすぐに水漏れや雨漏りが発生した、家が傾いていてドアがスムーズに開かない、壁に亀裂が入っているといった欠陥は決して稀なことではありません。建物の欠陥が発覚した場合、建築業者に対して損害賠償を求めることができます。ただし、法的責任が追求できるかどうかは専門の知識を持った弁護士に相談してみなければ分かりません。

交通事故

車やバイクに乗っている人はもちろん、車もバイクも持っていない人でも交通事故に遭う可能性はあります。 交通事故が発生した場合、加害者が加入している保険会社の担当者が被害者と示談交渉を行います。被害者に法律の知識がないと納得のいく損害賠償が受けられないことが多いので、交通事故に強い弁護士へ示談交渉を依頼することをおすすめします。

この他にも、身近な法律トラブルはたくさんあります。弁護士へ相談や依頼をすると高額な費用が発生しますが、弁護士保険のMikataに加入しておくと相談料などの弁護士費用が補償されるので、費用の心配をすることなく気軽に相談できます。 弁護士保険について詳しく知りたい、弁護士保険に加入したいという方は、当代理店までお問い合わせください。