弁護士に相談・依頼するメリットとは

弁護士に相談・依頼するメリットとは

街を歩いていたり、自転車や車に乗っていたりと、私たちの身近にあるトラブルの一つとして「交通事故」があります。どんなに注意していても、避けられない事故により怪我を負うことや、悲しい出来事となることがあるかもしれません。そんな時、弁護士に相談・依頼することにどのようなメリットがあるのでしょうか。

わずらわしさから解放される

事故直後は、ご自身も怪我をしていたり、大切な方を亡くしたりと、体力・気持ち的にも落ち込んでいる状態にあります。そんな時に保険会社と損害賠償でもめることは、被害者やご遺族の方にとって大きな負担になるでしょう。 負担に耐え切れず、保険会社の言う通りに示談をして、泣き寝入りしてしまうケースも少なくありません。示談交渉を弁護士に相談することで、負担軽減と泣き寝入りを阻止することができます。

賠償金の増額が期待できる

交通事故の賠償金は、弁護士に依頼するだけで増額できるケースがあります。その理由として、保険会社が一般の方に提示する示談案と、弁護士に提示する示談案は異なる基準に基づいている場合が多いことが挙げられます。 保険会社は、一般の方が弁護士をつけずに損害賠償請求の裁判をすることが事実上困難なことだと分かっているために、最も賠償額が高額となる基準で示談内容を提示することは基本的にありません。 しかし弁護士が代理人として示談交渉をする場合は、最大限の賠償額を得られるよう保険会社と交渉しますので、賠償額の提示が上がるというケースも少なくありません。

ここまで交通事故後の損害賠償請求について紹介しましたが、弁護士に相談・依頼するには弁護士費用がかかります。そこで当代理店がおすすめするのが弁護士保険の「Mikata」です。 法律相談料と着手金を補償することで、スムーズな問題解決をサポートいたします。保険選びに迷ったら、ぜひサイト内の保険金支払い例も参考になさってください。資料請求もサイト内よりお申し込みいただけます。